smiledarkhorse.skr.jp,/jobs/career/index.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 口中 , 第三類医薬品,20g,577円,第3類医薬品,生葉口内塗薬 生葉口内塗薬 公式 20g 第3類医薬品 577円 生葉口内塗薬 20g 第3類医薬品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 口中 第三類医薬品 smiledarkhorse.skr.jp,/jobs/career/index.html,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 口中 , 第三類医薬品,20g,577円,第3類医薬品,生葉口内塗薬 577円 生葉口内塗薬 20g 第3類医薬品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 口中 第三類医薬品 生葉口内塗薬 公式 20g 第3類医薬品

年間定番 生葉口内塗薬 公式 20g 第3類医薬品

生葉口内塗薬 20g 第3類医薬品

577円

生葉口内塗薬 20g 第3類医薬品



◆商品説明◆
●生葉口内塗薬は
歯茎の腫れ・うみ・痛み・むずがゆさ、口臭など歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状、
口内炎に優れた効きめがあります。
●生葉口内塗薬は高粘着ジェルタイプなので、
4つの有効成分が歯周ポケット内に長く留まって効果的に作用し、優れた効き目を発揮します。
歯茎全体にマッサージしながら塗り込むとより効果的です。
●歯茎にスーッっとしみ込むような爽やかな使用感です。

■効能・効果
歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状
(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎

■成分・含量(100g中)
ヒノキチオール 0.1g
塩化セチルピリジニウム 0.05g
グリチルリチン酸ニカリウム 0.4g
アラントイン 0.3g
添加物として
エデト酸カルシウムニナトリウム、クエン酸水和物、ポリソルベート80、ヒプロメロース、
CMC-Na、ハッカ油、キシリトール、プロピレングリコール、-メントール、緑色3号、
黄色4号(タートラジン)、香料を含有します。

■剤型:高粘着ジェルタイプ

■用法・用量
◆歯肉炎・歯槽膿漏:
1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g)を指にのせ、歯ぐきに塗りこむ。
◆口内炎:
1日2~4回、適量を患部に塗布する。

【用法・用量に関する注意】
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)歯科用にのみ使用すること。

■使用上の注意
▲相談すること▲
1.次の人は使用前に医師、歯科医師または薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人または家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、
商品添付文書を持って医師または薬剤師に相談すること。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
その他:味覚異常
(2) 5-6回使用しても症状がよくならない場合

■保管及び取扱上の注意
1.直射日光を避け、湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること。
2.小児の手の届かないところに保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
規格詳細 【第3類医薬品】
発売元 小林製薬株式会社
広告文責 (株)せいき 薬剤師 國貞 雄介 072-365-3500 日本製

製造・取扱中止の場合はキャンセル処理をさせて頂く場合がございます。
パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。予めご了承下さい。

生葉口内塗薬 20g 第3類医薬品

Skip to main content

今後のWEBINAR開催予定

講演タイトル 発表者 開催日時 参加登録
携帯分析機器ウェビナー ~たった30分で分かる!Niton シリーズの機器管理&安全な取扱いポイント~ 澤村 文哉(EDX・携帯機器事業部)
Thermal Analysis Technical Seminar " Important factors affecting the measurement conditions - sample preparation, atmosphere, heating or cooling rate, etc - " Dr. Lani L. Celiz(Rigaku Corporation, Thermal Analysis Division)
医薬品分析セミナー 『 ~X線回折と熱分析のコラボレーション~ XRD-DSCのご紹介 』 山本 泰司(株式会社リガク X線機器事業部 応用技術センター)
薄膜評価セミナー 『 XRDによる化合物半導体評価の要点 ~その評価大丈夫?~ 』 石川 和彦(株式会社リガク X線機器事業部 応用技術センター)
熱分析テクニカルセミナー 『試料観察熱分析ってどれくらい有効?』 遠藤 渉(株式会社リガク 熱分析機器事業部)
Thermal Analysis Technical Seminar " Let’s evaluate the materials with TMA! ~ Principles,applications and tips ~ ” Dr. Lani L. Celiz(Rigaku Corporation, Thermal Analysis Division)
熱分析テクニカルセミナー 『ガス分析ってすごい!』 遠藤 渉(株式会社リガク 熱分析機器事業部)

主要製品・技術

技術情報

リガクについてもっと知る

アプリケーションノート

リガクは、お客様の分析ニーズに対応する数多くのソリューションを提供します。

>アプリケーションノートを探す

論文リスト

1997年以降、これまでに掲載された論文リストです。

>論文リストを見る

製品ビデオ

リガクの最新技術とリガクの主要製品について、映像にてご紹介しております。

>ギャラリーを見る

イベント&講習会

リガクが参加するイベントや講習会、展示会の出店情報をご覧いただけます。

>イベントを探す

リガクジャーナル

1959年以来、リガクジャーナルは最先端のX線技術情報を提供してきました。

>リガクジャーナル最新号を見る